法人20周年記念式典開催

令和3年7月4日(日)に法人20周年記念式典が開催されました。約半年前から準備を進め山あり谷ありでしたが、無事に式典を終える事が出来ました。準備期間から当日までの様子DokiDokiメンバーが準備・午前・午後の3編に渡り詳細をお届けします。

準備期間編

令和2年10月29日に法人20周年記念式典実行委員会『DokiDoki♡2020』がスタートアップしました。会議はZoomを使って行われ式典も検討の末、Zoomを使ってのオンライン開催という事になりました。さくら、リブインさくら、みずき、こまえ工房、ポンテの5拠点をZoomでつないでの催し物は法人としても初の試みです。準備期間中は月1回の定例会議だけでは心もとなく、プレスリリース班、通信班、音楽ワークショップ班等担当を分けて少人数で会議を設けました。特に当日は通信が途中で途切れる事のないよう通信班では通信環境の整備に時間を費やし何度もZoomをつなぐ練習を重ねました。それでもカメラワークや次の画面につなぐ為の各事業所間の受け渡し等複数の画面をつなぐ難しさから中々上手く行かず、6月30日の最終リハーサルを終えても不安が拭えず前日まで練習を行いました。ギリギリまで準備に時間を要し、緊張感を保ちつつ余裕のないまま当日を迎えたのでした。

DokiDoki♡2020リーダー 高島

午前の部

理事長挨拶
理事長挨拶

 

社会福祉法人足立邦栄会20周年記念式典を7月4日に行いました。午前にはビジョン2023各チームからチーム結成から今日までの活動内容の報告を、パワーポイントや動画などを活用して行いました。Zoomで全会場へメッセージをお伝えするとあって、各チーム個性的な報告でした。その後は称賛表彰にて「永年勤続」「ハートフェス賞」「ご長寿」「永年通所」「国際貢献」と全会場から選ばれた方が表彰されました。

食チーム発表の様子
食チーム発表の様子

 

日程が折り合わず称賛表彰に参加できない方には事前にメッセージ動画を頂き、皆さんからお祝いしていただきました。

午前の部は、4回ほど通信障害がありましたが、事前にLINEグループを組み、都度の連絡し合うことで内容変更の判断やタイムキーパーからの報告など的確に行うことができました。結果、10分遅れで午前の部は終わりました。

さくら(金井)

午後の部

ミュージックワークショップ(ポンテ)
ミュージックワークショップ(ポンテ)

 

DokiDoki、ひやひやの午前の部が終了し、午後も頑張る為にお昼を食べてエネルギーを蓄え、色とりどりの手作り楽器とハンカチ・新聞紙・ビニール袋などを準備して、さあ午後の部「東京文化会館ミュージック・ワークショップ」のスタートです。テーマは「みんなで空を飛びたい~未来に向かって翔こう!~」

手作り楽器
手作り楽器

 

まずはスクリーン越しのWSリーダーさんからの声を受けて、楽器を鳴らし『はーい!と受け答え。ゆっくり身体を動かして、七夕さまの曲でウォーミングアップ。そして、新聞紙やビニール袋を擦ってリズムを刻むと、不思議な音の世界になり、素敵な『イパネマの娘に。更にそれぞれ手作りした楽器をジャカジャカ鳴らして大合奏。後半は『夏の思い出の歌詞を会場から募り、夏を想起して参加した皆さんの曲が出来上がり!ラストはお祭り音頭で賑やかに♪♪。

ミュージックワークショップ(みずき)
ミュージックワークショップ(みずき)

 

参加したご利用者はなんと10代から100歳を超えられたご長寿の方まで約130名。あいにくのお天気で青空は隠れてしまっていましたが、オンラインで繋がった会場には、何処もお日様のような笑顔が溢れていました。「楽しかった」「自分で作った楽器を使えてよかった」等々、多くの声が聞かれました。

関口(ポンテ)・堀(みずき)

 

「東京文化会館ミュージック・ワークショップ」

主催  社会福祉法人足立邦栄会

東京都/公益財団法人東京都歴史文化財団東京文化会館・アーツカウンシル東京

助成  文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)

独立行政法人日本芸術文化振興会

企画制作  東京文化会館事業係