相談支援センターみずき

小田急線狛江駅から歩いて3分。保育園、中学校、高齢者デイサービスなど地域資源に囲まれ地域に溶け込んだ場所に多機能型事業所こまえ工房があり、その1階に『相談支援センターみずき』はあります。

乳幼児から成人・高齢者で障害をお持ちの方やご家族からのご相談やご要望を伺い、適切なサービスに繋がるよう、一般相談支援、特定相談支援、障害児相談支援事業を行っています狛江、調布、府中、三鷹を中心に現在約220名の方と関わらせていただいています。

相談室は、お子様用絵本やおもちゃも置いてご家族が相談しやすい場所を用意しています。こまえ工房のご利用者が休憩時間には、相談に来られることもあります。

パワー全開(時にはオーバーヒート)利用者さんの笑顔に助けられながら活動しています。

2020年10月から狛江市における医療的ケア児コーディネーター事業に関わらせていただいています。医療的ケアコーディネーターの資格を持つ主任相談支援専門員が、医療的ケア児ご本人ご家族、医療関係者、担当の相談支援専門員等と連携を図り、必要な医療的ケアを取り入れ、サービス利用や支援について各方面との協力体制整える橋渡しを担っています。

経験や研修での自己研鑽を積み、主任相談支援専門員、医療的ケアコーディネーター、強度行動障害支援者養成研修修了の相談支援専門員が在籍しています。

これからも障害のある方の伴走者として、狛江地域の皆様に必要とされる資源として活動していきます。