障害者支援施設みずき 第三者評価のご紹介

障害者支援施設みずきでは毎年外部評価機関による第三者評価を受審しています。入居のご利用者は調査員による聞き取り調査、通所のご利用者・ご家族にはアンケート調査にご協力を頂いています。ご利用者のコミュニケーションの特性に応じて絵カードや○✕カードなど、様々な工夫や配慮が調査員により行われています。また、施設および施設職員においては、隔年でアンケート調査や適切な経営・運営が行われているか経営層に対する聞き取りや書類等の調査が行われています。

調査結果については、しっかりと受け止め、経営層にて課題の共有と改善策の検討を実施しています。ご利用者・ご家族に対しては館内掲示や利用者会議・家族懇談会にてお知らせしています。職員に対しては、事業計画説明会などの場にて評価機関の調査員に評価内容の説明をしていただくほか、課題や経営層にて検討した改善策について共有し、職員一人一人が意識して日頃の業務、利用者支援に生かせるように取り組んでいます。

※第三者評価とは、第三者の目から見た評価結果を幅広く利用者や事業者に公表することにより、利用者に対する情報提供を行うとともに、サービスの質の向上に向けた事業者の取り組みを促すことで、利用者本位の福祉の実現を目指すものです。(「とうきょう福祉ナビゲーション」ホームページより)